読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

左心房

好きなものを好きなように好きなだけ。

【映画】紅の豚:恋する男はかわいらしい【感想】

どうもこんばんは。

ただいま金曜ロードSHOWで秋のジブリスペシャルとして放送された『紅の豚』2周目に突入しました私です。

 

昔、我が家には幼少の頃の私と姉弟がひとりあそびするために何本もビデオが置いてありました。

ディズニー作品を数本、ジブリ作品を数本、『アルプスの少女ハイジ』全篇(たった4本のVHSにぎゅうぎゅう詰めで録画した結果、映像も音声もバジャバジャでしたが笑)、あとは教育系のビデオが何本か。

その中に『紅の豚』もありましたが、やはり物心つく前に見るのと今見るのでは違いますね。

当時、冒頭のワードをガシャガシャやってるシーンはじめおしゃれな雰囲気はびしばし感じていたものの、キャラクターの心情を言動から読み取ることも出来なければ作品中の世界観も理解出来ず、話の筋すらまともに追えていませんでした。

それが今では人並みには(おそらく)楽しめているので、多少は私も成長できたということでしょうか。

 

続きを読む

【映画】ダ・ヴィンチ・コード〜シラスロスト〜【感想】

先日、テレビ(金曜プレミアムだったかな)にて放送された映画『ダ・ヴィンチ・コード』を録画で観ました。

 

親がキリスト教文化や西洋美術を好きで『ダ・ヴィンチ・コード』は映画館へ一緒に観に行ったんですが、いかんせん昔のこと+当時アニメ映画くらいにしか興味がなかったので今の私は内容をほとんど覚えておらず、かなり新鮮な気持ちで観られましたね。

どれくらい覚えていなかったかと言うと、キャラとしてパンチ力抜群なシラスをさっぱり覚えていなかったくらい。

というか、主人公のおじさんがなんやかんやあって最終的にルーブルに戻って来ることしか覚えてませんでした。最大のオチをしっかり視覚的に覚えていたわけですが、それまでの経緯とかそもそも「聖杯」というキーワードすら初耳レベルだったので、本当に新鮮な気持ちで。

あとは何故か浮浪者からテーブルとそこに居座る権利を買い取ってたシーンの見覚えがあったかな笑

 

で、今回一緒に観た姉はよく分からん状態だったのですが、私は姉よりは映画慣れしていたおかげかとにかく話の筋を追うには困りませんでした。

話の進行はめちゃくちゃハイテンポということもなく、知識もシオン修道会やらテンプル騎士団やら作中で説明してくれるので、最低限なにをヒントに謎解きしているのかは私の足りない脳でもなんとか理解出来ましたし。良かった良かった。

ただこれは鑑賞後にいろいろレビューを読んで知ったのですが、原作ではかなり深く掘り下げられていた人間ドラマ的な部分が映画ではほとんど駆け足ですっ飛ばされていたそうで。確かに謎解き冒険ものとしては面白かったけど、キャラクターへの感情移入などはほとんどありませんでしたね。

する必要もない映画だったと思います。

 

ただひとり、シラスを除いて。

 

以下、延々シラス語り。

続きを読む

【i7】ゆるやかな死を待つのみ

お久しぶりでございます。

ここ一月ほどは環境が変わってちょっとばたばたしつつ、バイトに精を出していたので新しい映画を観ることもなく、日記を書くネタもない程度の日々を送っておりましたとさ。

まあ思ったことはだいたいツイッターに書いて満足してしまうからというのもありますが。

強いて言うならデッドプールのBD/DVDが届きました!

今回はちょっとお金に余裕がなくて特典なしの一番安いやつを購入したのですが、それでもデップーのマスクの生地に合わせて凹凸の施されたスリーブケース、ケース内に挟み込まれた精巣ガン簡易チェックシート、メニュー画面のチミチャンガ爆発と満点の遊び心に改めて惚れました…!

デップーあんた本当すごいヤツだよ!!!めちゃくちゃ面白いサイコーだよ!!!

 

ところで、ここから先はただの愚痴です。そして今回の本題です。

続きを読む

【ヒロアカ】常闇踏陰くん15歳について【考察】

週刊少年ジャンプにて好評連載中の『僕のヒーローアカデミア』10巻まで読みました。

他の作品目当てで本誌を買っていた頃に読み始め(対人戦訓練のあたり)、その後本誌を離れてからは続きが気になりつつも作品から遠ざかり、アニメを見てからずっと熱がくすぶっていたのですがついに3〜10巻までまとめ買いしてきました。

1、2巻は本誌とアニメで知ってたから……ごめん……今度買う……。

 

もともと、血界戦線のツェッドさんやNO MORE 映画泥棒の映画泥棒さんみたいな異形頭キャラが好きで、アニメ見てた頃から常闇くんと、それとは別で飯田くんが気になっていたのですがちゃんと読んで改めて好きになりました常闇くんと飯田くん。

あと口田くんも好きです。かわいい。とってもかわいい。動物たちに呼びかけるとき口調が仰々しいのもかわいい。

 

飯田くんは原作でだいぶしっかり描かれていますし、口田くんは今のところかわいいくて純真くらいの情報しかないので、そこそこ情報が提示されていてしかしヒーローとしての成長という点については課題ばかりが出て来ている常闇くんについてちょっと妄想してみたいと思います。

タイトルでは考察なんて銘打っていますが妄想です妄想。


ちなみに考察もとい妄想のソースは単行本〜10巻のみです。

ファンブックやすまっしゅについてはノータッチですのであしからず。

 

続きを読む

【映画】ファインディング・ドリー:虹色のディズニー【感想】

どうもこんばんは。

改めて映画が好きな私です。家のテレビやパソコンで観るのも楽しいですがやはり映画館で観るのは格別ですね。

今回(8月4日)は、7月16日に公開された映画『ファインディング・ドリー』を観てきました。

8月4日です。この記事の書き始めは実は8月4日の夜、5日に日付が変わる頃でした。

ぐだぐだしてたらあっという間に一ヶ月後ですが。

 

 

そんなわけで以下、ネタバレへの配慮皆無な『ファインディング・ドリー』感想です。

 

続きを読む

【i7】六弥ナギは大天使だと言ったな、あれは間違いだ【ネタバレ】

7月7日に更新されたアイドリッシュセブン第2部16章(NATSU☆しようぜ!スペシャルストーリー)を読んだ上で、六弥ナギの恐ろしさと三月くんとのコンビのバランス良さについて少々。

未読の方にはネタバレになる、というか読んでいないと訳が分からない内容なのでご注意下さい。

まあつまりナギかっこよ恐ろしいし三月くんとのコンビ最高というだけの内容です。

続きを読む

【i7】NATSU☆しようぜ!!!【ネタバレ】

idolish7.com

ついに昨日、七夕でありアイナナの日である7月7日、念願のアイドリッシュセブンver.NATSU☆しようぜ!が発売されましたね!

私は分け合って昨日のうちの入手することは叶わなかったのですが、ゲームのスペシャルストーリーは先に読み切って、今日CDもお迎え出来ました!

 

事前に画像はネットの告知で見ていたけれど、なんてかわいいジャケットなんだ!!!

ツイッターで種村先生がジャケット絵の全体像を載せてらっしゃいましたが、ロゴの裏で飛んでるきなこも含め、とってもかわいい笑

 

曲も、TRIGGERver.とはちがうポップさ・かわいさ満載でたまりません!!!

海辺でキラキラした水しぶきを跳ね上げながらはしゃぎまくるi7のメンバーが目に浮かぶようで、ものすっごく元気になれるゴキゲンナンバー!

その中で「近頃ウワサのSeven Guys それって僕らのことですよ」の、小悪魔感!

経緯には苦いものがありますが、結果として、2バージョン聴けて本当に良かった!

 

以下、スペシャルストーリーのネタバレありでの感想です。

 

の前に、まだCD聴いてない人は、スペシャルストーリー読んだ後からCDのドラマパート聴くのをお勧めします。

 

続きを読む