左心房

好きなものを好きなように好きなだけ。

【映画】TYTD!若くして死ぬ:なぜ映画館には拍手喝采を送る文化がないのか【感想】

どうもこんばんは、興奮冷めやらぬ私です。

日頃、感じていたことではあるのですが、私は映画館で映画を観ることが大好きな一方で、映画が終わったあと目の前に真っ白なスクリーンを突きつけられる寂しさがどうしても苦手です。

あのスクリーンを前にすると、最高潮まで達していた興奮を深呼吸して喉の奥に押し込めなければならない。

映画が終わって、指笛を鳴らしスタンディングオベーションする人を見たことがありますか?

雄叫びあげて全力の拍手を送る人に会ったことがありますか?

私は少なくとも無いですし、今日も高ぶる気持ちを抑えきれず、劇場が明るくなってから指先だけで小さく小さく拍手したら隣にいた姉に失笑されたわけですが。

 

この映画の公開が終わる頃には、映画館で拍手喝采スタンディングオベーションは当然の文化になっているのではないかと、それくらい、黙って家に帰ることの難しい映画でした。

映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』最っっっっ高でした!!!!!

 

いつもなら印象に残ったエピソードをピックアップしてあれが良かったこれが良かったとテンションに任せて書き連ねるところですが、今回は「最高」しか言えないし全てが「最高」なので内容については「最高」とだけ言っておきます。

 

ストーリーそのものはあらすじが全て語ってくれる素朴なものでした。

素朴だからこそ熱くて、共感できて、人間味があって、悲しくて面白くて、楽しかった。

そしてどの方面のどの人が観ても絶対に吹き出さずにはいられないだろう随所にちりばめられたギャグ、嬉しいキャスティング、勢い、ライブ感、熱量。

エンディングが終わった瞬間、拍手を送りたくて仕方がないと腕が疼いたのはきっとスクリーン越しとは思えない”生”感も原因の一つでしょう。

終わって幕が下りて、そしてもう一度幕が上がれば当然そこにキャストが並んでいて劇場の壁の向こうには無数のスタッフがいて、拍手を届けたい人間がそこにいるものと思わせるほどの、”生”感。

叩き付けられる生命力が尋常じゃなかった。

 

あと頭をからっぽにして観られると試写会で一足先に鑑賞していた姉は言いましたが、頭をからっぽとか、そういう次元でもなかった。

頭で考えてる場合じゃなかったです。

世界観にひたるとかそういう次元でもなかったです。

真っ正面のスクリーンから滝のような勢いで溢れてくるTYTDを全身で浴びる。

流れるTYTDはあまりの勢いに掴むことも出来ずにどんどん後ろへ通り過ぎていってしまう、それを惜しむ間も惜しいから、全身でTYTDを浴びる。

それが楽しくってしょうがない。

そんな作品でした。

 

BGMどころか作品のフロントでガシャガシャ掻き鳴らされる音楽もどれも最高で、あの全身をふるわせる音の迫力は映画館の大規模な音響機器で聴ける幸せに勝るものは今のところそう思い浮かばないので、ディスク化されたら家で観ようと思ってる人はぜひとも今すぐ最寄りの劇場でチケットを予約してください。

そして明日すぐに映画館で観てきてください。

でなければ死んでも死にきれないことでしょう。

私はオープニング、サビに入った瞬間にこれを映画館で聴けてもう未練はないと浄化されました。地獄の音楽なのに。

 

映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』

地獄の門を開いたらそこは、天国よりも天国でした。

行った人にしか分からないか笑

【i7】Re:valeモンペの叫び【ネタバレ】

一昨日6月15日、更新されましたねアイドリッシュセブン第2部!

前回更新から約2週間半?しか経ってませんね?

てっきり一ヶ月は待たされるものと思っていたので、びっくりそして嬉しい限り!

 

意気揚々とストーリーを日付もこえた頃から読み始めました。

ライブをちまちまやりつつ、読み終わったのは午前5時過ぎ。

やめられない、止まらない、止めたら続きが気になりすぎて全く眠れそうにない、怒濤の展開でしたね!

以下、Re:vale騒動に的を絞ったネタバレ配慮皆無の感想です。そして私は怒っています。

続きを読む

祝!アイナナ一周年!

youtu.be

ということで、本日も遅くまでお疲れ様ですな大神さんと一緒にお祝いしましょう。

アイドリッシュセブン、一周年おめでとうございます!!!!!

ゲームの配信開始ではなく、プロジェクト発表から一年だそうで。

私がゲームを始めたのは9月頃なのでまだ一周年には遠いのですが、おめでたいことです。

 

そしてRESTART POiNTERのフルMVも発表!待ってましたー!!!

言いたいことは沢山あります見所も沢山ありますがそれは動画を見て頂ければ分かるので。

 

動画の一部は既にゲーム第2部の某箇所で発表されてましたね。

が、私のスマホがおじいちゃんなせいなのか、読み込みがうまくいかずそのシーンを私はスキップしておりましたので感動もある意味ひとしお。

一人ずつライトに照らされる冒頭、灯りが増える度に胸が高鳴り、最早懐かしい陸くんのセンターソロに夜中にも拘わらず歓声を上げ、陸くんと一織くんのハイタッチで涙する。

 

生きてて良かった。アイドリッシュセブンのファンで良かった。このMVを見られて良かった!

 

これからも、今度はゲーム稼働一周年に向けていろいろと展開されていくのでしょう。

アルバムもとても楽しみです。

アイドリッシュセブンのこれからの更なる発展と、「股新しい夢を見ようよ」のピース状態のアップ全員分を期待して。

大神さん、今晩もお疲れ様ッした!!!

過度なマスコット化へのちょっと愚痴

版権もののキャラクターを過度にマスコット化するお姉様方に対する、

建設的でも何でもない、タイトル通りちょっとした愚痴。

続きを読む

【映画】DEAD POOL【感想】

f:id:kodolr:20160603181208j:plain

観てきました、映画『デッドプール』!!!!!

吹き替えと字幕両方を連続でキメてやりました!!!!!

 

私はアメコミを2012年の『アベンジャーズ』で知り、以来気になった作品を遡って観たり映画館で観たりしているライトオタク、エンジョイ勢です。

MCUは映画は一通り追いかけて、今はエージェント・コールソンが気になるこの頃。

そんな私が映画館に行こうか行くまいか迷っていたところ、吹き替えCV加瀬康之の名前に後押しされて観にっ行てきました。

 

結論から言って、最高でした!!!!!

これがデッドプール!!!!!

かわいいアンチクショウ!!!!!

 

前知識としては不死身で下品で破天荒なスパイディ大好きマンくらいしかなかった私ですがなるほどこれがデッドプールか、かわいいヤツだなあとメロメロ()になるのに時間は掛かりませんでした。

 

続きからネタバレ配慮皆無の感想ですが、ひとつだけ。

是非、字幕版と吹き替え版、両方観てください。どちらか片方だけでは拾いきれていないジョークやセリフが満載です。

両方観てもまだ拾いれきれていないけども。

 

続きを読む

【i7】大神万理は元○○なのか?【ネタバレ】

どうもこんばんは。

昨日までの記事を全削除してしまいたい衝動に駆られている私です。

今日は、5月終わりにストーリーが更新されてから話題の万理さんについて、ネタバレ配慮皆無で思っていることを書き連ねていこうと思います。

考察なんて大層なものではありません。

ただ、万理大神が好きで好きで好きなので、私も話題の波に乗りたいってだけです。

 

続きを読む

恋愛って何でしょう?

私にはよく分からないんですよね。

人を好きという感情が、よく分かりません。

小中高、そして今大学生、友人は多くはないけれど確かにいます。

そしてその人たちは多くの人がそれぞれ恋して、青春を謳歌していました。

 

私にはかつて彼氏と呼ばれる人がいました。今も違う人ですが、います。

片思いする相手もいました。

けれどそれは、実はどれも他人から「あなた彼のこと好きなんじゃない?」と言われて「んー、まあ、そうかもしれない」と思っていた程度であって。

 

私の友人に、まるで少女漫画みたいに「彼に会いたくて泣いてしまう夜がある」という子がいます。

また、友人に「恋とは?」と訊ねると、「その人に触れたい触れられたいと思うこと」と答えた子がいます。

別の子は「どうしてあんな奴が好きなんだ私は。でも好きなんだ、彼が」と断言してました。

私にはそんな情熱的な感情が一切分からないのです。誰かに対して熱烈に「好き!」と思ったことがない。

 

続きを読む