読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

左心房

好きなものを好きなように好きなだけ。

【映画】DEAD POOL【感想】

f:id:kodolr:20160603181208j:plain

観てきました、映画『デッドプール』!!!!!

吹き替えと字幕両方を連続でキメてやりました!!!!!

 

私はアメコミを2012年の『アベンジャーズ』で知り、以来気になった作品を遡って観たり映画館で観たりしているライトオタク、エンジョイ勢です。

MCUは映画は一通り追いかけて、今はエージェント・コールソンが気になるこの頃。

そんな私が映画館に行こうか行くまいか迷っていたところ、吹き替えCV加瀬康之の名前に後押しされて観にっ行てきました。

 

結論から言って、最高でした!!!!!

これがデッドプール!!!!!

かわいいアンチクショウ!!!!!

 

前知識としては不死身で下品で破天荒なスパイディ大好きマンくらいしかなかった私ですがなるほどこれがデッドプールか、かわいいヤツだなあとメロメロ()になるのに時間は掛かりませんでした。

 

続きからネタバレ配慮皆無の感想ですが、ひとつだけ。

是非、字幕版と吹き替え版、両方観てください。どちらか片方だけでは拾いきれていないジョークやセリフが満載です。

両方観てもまだ拾いれきれていないけども。

 

 

見終わって最初に出てきた感想は「あれっ、意外とコンパクトだな」

ここ最近ディズニーアニメ映画を抜けばMCUくらいしかまともに見ていなかったせいかもしれませんが、100分強という時間はとても短くてあっという間で

 

「え?これ最終決戦だったの?え?もう終わりなの!?」

 

とエンドロールを見ながらおろおろしてしまった1回目。

けしてスケールに不満があるとか演出が物足りないとかではなく、

 

まだお腹いっぱいじゃない!まだまだデップーを浴びていたい!

 

という欲求をガンガン揺さぶられるサイズ感でした。

止まらないおしゃべりもやたらとくるくる回る全身バネみたいなかっこよすぎるアクションも刀捌きに血しぶきもまだまだまだ!

おかげでシアターを出て真っ直ぐ券売機に進み、今日はその予定のなかった字幕版チケットを購入してしまう始末。

MCUメガ盛りステーキならデップーはひとかけらの気持ちよくなるお薬といったところでしょうか…。

摂取しても摂取しても満たされないどころか更に求めてしまう、危険なアレソレです。

 

そして観る前は、自分の少ない前知識通り不死身で下品で破天荒でスパイディ大好き映画なんだろうかと思っていたんですが、そんなことはなかった。

いやそんなことなくはなかったけど、そんなことなかった。

めっちゃ普通に良いラブストーリーしてますな!宣伝通りですな!

変わり果ててしまった姿でヴァネッサに会えないとしょんぼりのウェイドを見た後では胸が痛くて、

きっと上手くいくとは信じつつもストリップクラブですれ違うシーンや、戦闘中ではアクシデントでマスクが脱げてしまわないかというハラハラがものすごかったです。

 

というかウェイドは破天荒でクレイジーですが、人並みに繊細で他人に共感できるイイヤツなんですよね。

宣伝を見ているとトリガーハッピーのクレイジーサイコ(でも憎めない)ヒーローのようですが、実際はウィーゼルの言う通りお人好しで、心根の優しい人でした。

ストーカーのジェレミーを見逃したり、貧乏な依頼主からは金を受け取らなかったり

きれいな自分を覚えていてほしいと恋人のもとから去ろうとしたり、夜中ソファに縮こまって考え込んでいたり。

 

1回目を経ての2回目冒頭、大事故及び殺戮の最中に首を傾げる彼を見て、こればかりが彼の本性ではないのだと、

恐怖に呑まれないよう喋りまくるスパイディのように彼も口を閉じれないのだろうと、そう思うとなんだか切なかったです。

まあただの深読み大好きクソ腐女子の思い過ごしかもしれませんが!

 

それからネガソニちゃんとコロッサスくんが大変かわいくてまた良かったですね!

デップーの非ヒーロー的行為に吐いちゃうコロッサスくんかわいかった。しかも2回。

ネガソニちゃんはとってもとっても美人さんで小顔でクールで、でもコロッサスくんと歩いてるとちいちゃな足をパタパタ急がせて歩いてる感じ、最高でした。

あとエンジェルさん美乳。

タクシーのあんちゃんもウィーゼルもいいキャラしてたし!みんなかわいいです。

 

そして記事の上の方でも書きましたが、字幕と吹き替えと両方観て正解でした。

事前にツイッターで「よく喋るのに字幕が追いつかず、意訳や拾いきれてないジョークが多め」と書いてあったのを見てから臨んだ字幕版。

低レベルですが精一杯のヒアリング能力と吹き替えの記憶でそれなりに補完しながら見ることが出来ました。

でも吹き替えにも字幕版の「赤チン」採用してほしかったな…。

 

そしてライアンデップーは雄みの中にバブみを感じる。

加瀬さんデップーは雄みと父性を感じる。

不思議。えろい。かわいい。チャーミングすぎてつらい。

普段は吹き替えあんまり見ないよって人にも、是非音声を楽しんでほしい吹き替えデップーでした。

 

まだまだ語り足りないわけですが、私の小さな脳みそで処理できる情報量を超えたので今回はこのへんで。

お金が許せばもうあと5回は映画館で観たいですね。

彼のたまらん美脚美尻を堪能するためだけにもあと3回くらいは。

あの美脚で爪先はまんまるのブーツっていうのがまた性癖をくすぐります!!!

あと2回観ると1回目は見逃したあれこれに気付けます!!!

私の場合ウェイドのだらんペニスの刮目に成功しました。

 

 

 

ところでお上品な装いの壮年のご夫婦がエンドロール入った瞬間劇場を出て行ったんだけど、大丈夫だろうか。お口に合わなかったのだろうか。

と思ったけど、心の中の俺ちゃんが「大丈夫さ今頃トイレでファックしてる」って囁いてきました。そうか大丈夫だな。